HOME>アーカイブ>過払い金返還請求の基本的知識[成功するために]

どのような費用がかかるのか把握しよう

専門家へ依頼する際は、必ず費用が発生します。専門家へ依頼するということは、借金で困っているということですので、費用が高額だと生活に支障が出てしまいます。費用の相場を把握するためにも、費用の内訳を知ることから始めてください。

専門家へ依頼する際にかかる費用の内訳

  • 着手金
  • 基本報酬
  • 成功報酬
  • 実費

実際に依頼してみよう

借金のことでずっと悩んでいても、事態は好転しません。一刻も早く安定した生活を送るためにも、専門家へ相談しましょう。きっと親身になって相談にのってくれるはずです。

過払い金請求の一般的な流れ

女性

過去の取引履歴の開示を請求する

過払い金を請求するためには、引き直し計算が必要です。引直計算をするためには、過去の取引履歴をチェックしなければいけません。そのために、専門家は貸金業者に対して取引履歴の開示の請求をします。

引き直し計算の実施

貸金業者から過去の取引履歴に関する情報を受け取ったら、専門家側で過払い金がどれくらいあるのか、引き直し計算をします。引き直し計算をして過払い金の金額を確認しましたら、貸金業者へ向けて過払い金返還の請求をします。

貸金業者との交渉を実施

専門家と貸金業者との間で和解するための交渉がスタートします。専門家の力量が問われますので、成功するよう祈りましょう。交渉が難航する場合も少なくないので、長期戦を覚悟してください。

過払い金が返還される

交渉がうまくいき和解が成立すれば、貸金業者から過払い金が返還されます。なお、和解のための交渉が決裂しましたら、訴訟を起こすことになります。裁判ともなると数ヶ月程度の日数を要すことが多いです。

税金を納める

過払い金を請求する際に、5%の過払い利息を併せて請求する場合があります。この過払い利息は課税の対象となりますので、ケースによっては税金を納める必要が出てきます。税金を納める必要があるかどうかは、税理士に相談してみましょう。

過払い金返還請求の基本的知識[成功するために]

計算

過払い金請求の依頼する前に事前準備を

貸金業者から過払い金をゲットするためには、ある程度の準備が必要です。まずは、貸金業者と取引を行ったという証拠を揃えましょう。借金をする際、明細書や領収書が発行されたはずですので、それを専門家へ渡してください。もし、そのような証拠がないというのであれば、最低限貸金業者の名称ぐらいは覚えておいてください。情報を揃えることができれば、成功率が高くなるはずです。