HOME>レポート>お金のことで困ったことがあれば税理士に頼むのが得策

お金のことで困ったことがあれば税理士に頼むのが得策

女性

法律による3つの仕事

日本国民には納税の義務というものがあり、正しく納税するために手助けしてくれるのが税理士で、税金に関する法律は複雑で難しいため、納税者が自分で正確に計算するのは困難なため、代理人として納税者が正しく税金を納められるようにサポートしてくれるのです。税理士は法律によって税理士にしかできない仕事があり、税務代理、税務書類の作成、税務相談の3つの仕事はたとえ無償であっても税理士以外の人が行うことはできません。税務代理とは納税者の代理人になることで、確定申告書や税民に関する政務書類を作成し、税金でわからないことがあれば納税者の相談に乗ることが仕事になります。税理士は独立開業する人が多いため、大阪にもたくさんの事務所があり全国対応の事務所もありますが、できればすぐに相談に乗ってもらえるように大阪の事務所を選ぶといいでしょう。

男性

確定申告の費用相場

確定申告を税理士に依頼すると費用がかかりますが、納税者の所得の種類や記帳代行の有無などによって費用は異なります。個人事業主の白色申告の場合には5万円〜10万円が相場になり、青色申告の場合には10万円〜20万円が相場ですが、売上の規模と会計ソフトへの入力業務の有無によって税理士に支払う報酬が変動します。近年では大阪でも副業をする人が増えていますが、サラリーマンで副業の収入がありそれを確定申告したり、医療費控除などの還付を受ける場合の申告をしたりする場合の費用は3万円からが相場になっています。また大阪でもFXを行っている人は多いですが、利益が出れば確定申告が必要になるので忘れずに申告しましょう。税理士に依頼する場合の費用は5万円からが相場です。